ファクトリー

2019年

1月6日 AW11 MR2のリトラ 加工

年が明けて最初の工作は…サンバーはどうした、イセッタは…と言わないでください(サンバーはデカールを調達しましたので少々お待ちあれ)。フジミのトヨタМR2 AW11も昨秋から仕込みをやってました。

大晦日にリトラクタブルヘッドランプの部分を開口。

リトラのインナーというのか、ライト本体部分のパーツとくっつけようと思いきや、そりが合わない…

インナー側を削って大体合わせます。1/1パーツの画像とも照合してそれらしく。

左右まちまちに動くようでは面白くないので シャフトを通します 手持ちのφ1.4燐青銅線を切って塗料の撹拌に使っているのですが(反ったりしないのでこれいいです)それを程よい寸法に切り詰めて 少しきつめの孔をライト部に明け 少しずつ広げながら圧入。これできっちり遊びもなくなりますが 念のため瞬間接着剤を流して固定。塗装をしてからシャフトも留める予定です。

2018年

12月19日 サンバーの六連星とイセッタ

先日、データを加工してデカールに…と考えていたスバルの六連星(むつらぼし)デカール。

前に色なしにする加工した覚えがあるんですが、やり方忘れちゃったなあ…汗

inkscapeで加工したんだったかなあ…

で、ひとまず画像をexcelでサイズ調整して印刷しましたが、デカールに刷ると

解像度低いっ! やはりちゃんと手間をかけないと。

そしてイセッタ。МSグリーンの上からタミヤ缶スプレーのパールグリーン吹いてしまいました。

 

CR-Xは窓ガラス貼ったり、クリアボンドはみ出してまたコンパウンドかけたりと手間取っています。

シートのマスキングも一脚しかやってない…大汗

12月2日 サイバーCR-X仕上げと吹き付け

CR-Xですが、傷部分を筆でタッチアップして、ライトレンズ類を付けてしまいました。

ヘッドランプインナーをシャインシルバーで塗りましたが、はみだし&塗り残しがあり

見苦しくなってしまいました。少なくともはみ出しは近々修正せねば。

シート生地のボーダー柄は、最初マスキングテープを切ってはがして…と思ったもののうまくいかず、

手許にあった極細のテープを根気よく貼り込んでみました。使用前と使用後を並べましたが、まだ塗っていません。東北の12月の気温ですと、夜窓を開けて塗装はきつい感じです。これからの時期は昼間オンリーの塗装作業になってしまいます。

きょうは友人から依頼されているA112と、自分のイセッタもクリアー吹きましたが、エアブラシで埃を飛ばしたつもりが、強すぎたようでゴミを巻き上げてしまい塗膜に付着したりで逆効果でした。ほどほどがいいのでしょう。写真の有井のヨタハチも、平らに均して結局モンザレッドを上塗りしました。

 

軽自動車も好きです

あとはだいぶ厚塗りしてしまったタミヤのトゥデイ。下地をグレーサフで妥協した結果色の乗り、発色が悪いようで、残っていたクレオスのイエロースプレー一本使い切りました。ほんとに剥離も考えましたが仕方がないのでこのまま進めます。このトゥデイは廃車にしたミゼット2のサスを流用して、連動はしませんがステアするように改造したほか車高も若干下げました。もう1台確保してあるので、そのうち2台体制にするのですが、1号車のデカールが死んでて崩壊したので、スキャンしたものをベクターデータに変換して、色合いを修正していずれ出力したいなと…まだイラレ(旧いバージョンのやつです)も起動してない!寒い冬の夜にコツコツやりましょう。

フジミのリーザとアルトレジーナ改(低グレード化を予定)と並べてみました。リーザはシートの裏打ちまですぐやってしまいましたので、そのうちサクッと塗ってしまいたいですね。

TTサンバーも先に付けてしまった六連星デカールが破れてしまったのでベクターデータを加工してデカール作るつもりですが…そこで止まってます(泣) 

11月25日 フジミサイバーCR-X 塗装したのはいいけれど

フジミのサイバーCR-X、クレオスのクランベリーレッドパールで車体色を塗りまして、

その上からつや消し黒を塗ったのです。

マスキングに自信がなくて水性カラーで…

そのマスキングの際に傷をつけてしまった面が目立ちます。どうしよう、、、

 

そしてインテリアも、調色はあきらめて近似色(まあ実物を観察する機会もないのでウェブの画像を

参考に適当で)のRLM74グレーグリーンにしましたが、シート生地のボーダー柄でまた悩んでストップ。

その間に、これまたウェブから拾ってきたフロアマットの画像を適当に加工して(特に助手席側)

普通紙のラベルに印刷して貼り付けてみました。いかがでしょう。

11月24日 グンゼのイセッタ、塗装しました

昨年来の仕掛だったプラモです。通常の左ハンドルで3輪というレアな仕様のキットなのを逆手にとって、右ハンドルのブライトンイセッタ(英国仕様)に改造してみました。

ドアのヒンジはコトブキヤかウェーブのプラ材を組み合わせて着脱できるように。

フレームからハンドルポストを切り離し移設。フロアの切り欠きも同様に。

ジョイントは鉄道模型用のエンドウ製を流用し、軸は洋白パイプ。

メーターパネルは裏返して組み替えて使えばなんとかなる……とここまでは仮組で確認済み。

そこで満足して?止まっていたのをようやくサフ吹いて塗装。

色はクレオスのガンダムカラーのMSグリーン。

塗ってから、ドアハンドルの孔埋め&孔明けしてなかったことに気がついた。。嗚呼。。。。

4枚目の画像のちっちゃいのは、ブッシュの1/87のイセッタ。

以前塗り替えた色が気に入らず、今回塗装評価用に先行して塗りました。